せどり情報配信基地
せどりに関する情報を惜しみなく配信

こんにちは。

タイトルの通り、今回はブックオフのことについてです。


他の方のメルマガで知ったのですが、
ブックオフのワンデーパスが今年の8月に完全廃止になるらしいですね。


代わりに別のポイント制度が導入されるという話も聞きますが、
ワンデーパスほどの旨味はなさそうな気がしてなりません。



こちらのサイトで紹介しているような電脳せどりの仕入れ手法
使っているので、僕はブックオフでのせどりは余りやらないのですが、

ブックオフせどらーの方にとっては結構大事なんじゃないですかね?



ワンデーパスが発行される日だけに仕入れを集中させるという
ノウハウもあるくらいですから、その効果は決して低くなかったでしょう。


さてさて、今回のことも含めて考えてみると、
ブックオフの方は本格的にせどらーの締め出しに力を入れてきてますね。


ビームせどりを禁止する店舗も増えてきましたし、
同業者のブログを見ていると店員の監視の目も厳しくなったという
話も聞きます。


近い将来、全面的にビームせどりの禁止措置が取られるという
噂もあったりしますしね。


個人的な意見としては、今のうちに電脳せどりにも取り組んでおいた方が
先々を考えると得をするように思うんですけどね。

いざ本当にブックオフでせどりができなくなった時のことを考えると・・・
という感じです。







せどりは、細分化するといろんなノウハウがあります。

新品せどり、中古せどり、未来せどり、トレンドせどり、・・・・・


今回は、王道とも言えるノウハウ、

電脳せどりについてご説明します。


電脳せどりとは、

自宅でリサーチして自宅で仕入れるせどり手法です。

外出する時間がない方にとって、非常に重要なノウハウですね。


ですが、電脳せどりは決して簡単なノウハウじゃありません。

なぜなら、

電脳せどりの場合、

リサーチの仕入れの2工程が必要だからです!



ブックオフなどの実店舗せどりは、
目の前にある在庫に対して、
売れるか売れないかを携帯サーチでチェックするという単純作業です。

全頭検査は面倒ではありますが、
難しさは特にありません。

しかし、電脳せどりは、その逆の作業が必要です。

まずは売れる商品を探して、それが仕入れられるかどうかを
ネットでチェックする必要があります。

仕入れができなければそのリサーチは無駄になるわけです。

高確率で仕入れのできるネットショップを確保しておくか、
大手のネットショップに在庫がある範囲で売れる商品を探すか、

どちらかになってしまいます。

ちなみに、後者はまず無理です。


このように、電脳せどりは実は上級者が取り組むべきノウハウなんです。

ブックオフで最近ビームせどりが禁止になりつつありますが、

本当がどうか不明ですが、

来年中には全店舗でビームせどり禁止になるとかどうとか。



ヤフオクとの提携も、せどらーに頼らずとも利益を確保できるように
するためだったのかもしれませんね。


せどらーにどれだけの損失が出るのかは分かりません。

私は今は電脳せどらーなんで。

少なくとも、ブックオフ仕入れが利益のメインのせどらーは
お気の毒としか言いようがありません。

まあ、ビームを止めればいいというだけの話なんですけどね。

時間はかかりますが、
携帯でリサーチしながら売れるかどうかチェックしていくとかね。

別にせどらー立ち入り禁止になるわけでもないので。


もしくは、ゲオとか他の店舗で稼ぐという方法ですかね。

こっちの方が現実的かも。

ブックオフ的には、せどらーのせいでリピーターが減っていたわけですから、
しょうがない結果ですね。